AR Web API Technical Information

AR-DV1 TAI - Tablet App Interface
Small size communication device with WIFI enabled Web API
無線LAN内蔵 Web APIアダプタ装置セット

Connection methods

接続方式の例

- Direct wifi connection between tablet and web adapter. No router required. Your tablet's built-in clock will gradually shift, so adjust it manually if necessary. The web app automatically sets the time your receiver's clock from your tablet's built-in clock. - インターネットに接続なしで、タブレット端末とアダプタ装置との間を直接に無線LAN接続する方法
タブレット端末の内蔵時計は、インターネット接続なしでは次第にずれが生じますので、必要に応じて、タブレット端末の日付時刻を合わせてください。 Webアプリ接続時にタブレット端末の内蔵時計より AR-DV1受信機の時計を自動設定します。
AR-DV1 TAI Direct Connection
- By the wifi within the home network. Your tablet can NTP time sync on the Internet. Your tablet can use the internet, but not recommend high-speed communication, such as watching videos, because it's via your web adapter not high-speed. - アダプタ装置をインターネット接続ルータに有線LANで接続する方法
アダプタ装置を経由して、タブレット端末はインターネット上の時刻サーバで自動的に時刻同期できます。
タブレット端末はインターネットも利用できますが、アダプタ装置を経由するため、動画の視聴などの高速通信はおすすめできません。
AR-DV1 TAI Network for Time Server
- By the wifi of the home network on your wifi access point. Password authentication required and controlled by Cross-Origin Resource Sharing (CORS).
* Static IP setup via router's DHCP is recommended.
- タブレット端末も接続しているインターネット接続ルータに、アダプタ装置を有線LANで接続する方法
既設の無線LANルータに接続したタブレット端末で利用できます。
* ルータの設定でアダプタ装置の IPアドレスを固定割り当てすることが必要です。
タブレット端末が Webアプリ使用開始時にパスワード認証 (CORS)を使います。
AR-DV1 TAI Home Network Connection
AR-DV1 TAI Remote Access
        ( 上図内 *1:DHCP固定IPアドレス割当 / *2:グローバルIPアドレス、かつ、固定IPアドレスまたはダイナミックDNS利用を伴う動的IPアドレス / *3:ポート転送設定 )         ( In the figure above *1: static DHCP / *2: global IP address, and static IP address or dynamic IP address with dynamic DNS / *3: port forwarding )

For web app creators

Webアプリ作成者のかたへ

  • - You can use the web API with the web app installed on your web server outside the adapter.
  • - You can make your new apps by modifying the files of the sample web app containing the AOR JavaScript library.
  • - In the javascript/init.js of the web app, describe the URL of the web API to be accessed by your tablet.
  • - アダプタ装置の外部のWebサーバに設置したWebアプリでも、このWeb APIをお使いいただけます。
  • - 添付のサンプルWebアプリに含まれる AOR JavaScriptライブラリを活用して、新しいアプリを作成していただくこともできます。
  • - このWebアプリ内の javascript/init.js に、使用するタブレット端末から接続する際の Web APIのURLを記述します。

  • ① Open the URL of your new web app in your web server.
  • ② The browser invokes the Web API in the adapter.
    This connection is controlled by Cross-Origin Resource Sharing (CORS) using password authentication when opening the app.
  • ① 外部Webサーバ内の新しいWebアプリのURLを開く。
  • ② ブラウザはアダプタ内の Web APIを呼び出す。
    この接続は、アプリを開く際にパスワード認証して、CORS ( Cross-Origin Resource Sharing ) を使用します。
AR-DV1 TAI Server Network
Software License Information ソフトウェア ライセンス情報
Please see Software License Information page. ソフトウェア ライセンス情報 ページをご覧ください。

Sample Web App Files サンプル Webアプリのファイル (GitHubからダウンロードします)
AR-DV1 Client Web App Files v1904C (826kB) (download from GitHub.com)
- AOR's library and css w/o AOR logo and products image.* - AORライブラリおよびCSS ( AORロゴおよび製品イメージファイルは含みません* )
  • ar_receiver.js
  • const.js
  • init.js
  • login.js
  • menu.js
  • receiver.js
  • setting.js
  • share.js
  • sound.js
  • waterfall_class.js
  • websocket.js
  • custom.css
  • custom_nnn.css (nnn is the maximum width of each display)
  • custom_nnn.css (nnn は各端末ディスプレイの最大幅)

- other library and css

* Please use your favorite image files instead of AOR's image files.
- その他のライブラリおよびCSS

* AORのイメージファイルの代わりに任意のイメージファイルをお使いください。


How to update the latest version of ar-web-receiver-server and ar-web-receiver-client in your web adapter from GitHub. アダプタ内の ar-web-receiver-server および ar-web-receiver-client を GitHubから最新版に更新する方法
If you haven't changed the git settings in your web adapter, follow these steps: お使いのアダプタ内のGit設定を変更されていなければ、次の手順で更新してください。
  • 1. Turn on SSH in the settings of the web app.
  • 1. WebアプリのSettingsで SSH をONにする。
  • 2. Connect the wired LAN port of your web adapter to the Internet thru your LAN.
  • 2. アダプタ装置の有線LANポートをインターネットに接続できるLANに接続しておく。
  • 3. Using an SSH app such as iPad TERMIUS, connect to your adapter via SSH as described chapter 3-2 'SSH login' of the Software Media Setup Procedure.
    (Download link below this page)
    (In the following, '$' is the character of the command prompt of SSH.)

  • 3. iPad TERMIUS などの SSH アプリで、ワイヤレスポートからアダプタ装置に接続する。 (起動用メディア設定手順書 p.6 3-2.5 'SSH login'を参照)
    (ダウンロード リンクは、このページの下の方にあります。)
    (以降の '$' は、SSH のコマンドプロンプト文字です。)

  • ◯ First, update the server-side software.
  • ◯ はじめに、サーバサイドのソフトウェアを更新します。
  • 4. $ cd ~/ar-web-receiver-server/
  • 5. $ git config -l
    • Check the following values.
    • 次の値を確認。
    • core.repositoryformatversion=0
      core.filemode=true
      core.bare=false
      core.logallrefupdates=true
      remote.origin.url=https://github.com/aor-app/ar-web-receiver-server.git
      remote.origin.fetch=+refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
      branch.master.remote=origin
      branch.master.merge=refs/heads/master
  • 6. $ git pull
    • Check that the update status is not any error.
    • 更新結果にエラーがないことを確認。
    • ◯ If you modified some files without git commit, use the following command to restore it, and pull it (step 6) again.
    • ◯ もし、Gitでコミットせずに、ファイルの改変を行なっていた場合は、次のコマンドで差分を確認してリストアしてから、手順6より再び pull してください。
    • $ git status
      You will see a list of changed files. 改変したファイルがあれば表示される。
      $ git diff
      You will see the difference of the changed files.
      To restore these contents, ...
      ファイルの差分が表示される。
      これらの内容を以前に戻すために ...

      $ git checkout .
      Include the period at the end of the above command.
      And redo from step 6.
      上のコマンドは末尾のピリオド . を含みます。
      続いて、手順6よりやり直す。
  •     In the case of "Already up-to-date", there is no update.
  •     "Already up-to-date" 表示は, すでに最新であることを示しています。
  • 7. Rebooting server software
  • 7. サーバ ソフトウェアを再起動
        $ forever stop ar-web-receiver
        $ forever start forever/server.json

  • ◯ Second, update the client web app.
  • ◯ つぎに、クライアント Webアプリを更新します。
  • 8. $ cd ~/ar-web-receiver-client/
  • 9. $ git config -l
    • Check the following values.
    • 次の値を確認。
    • core.repositoryformatversion=0
      core.filemode=true
      core.bare=false
      core.logallrefupdates=true
      remote.origin.url=https://github.com/aor-app/ar-web-receiver-client.git
      remote.origin.fetch=+refs/heads/*:refs/remotes/origin/*
      branch.master.remote=origin
      branch.master.merge=refs/heads/master
  • 10. $ git pull
    • Check that the update status is not any error.
    • 更新結果にエラーがないことを確認。
    • ◯ If you modified some files without git commit, use the following command to restore it, and pull it (step 9) again.
    • ◯ もし、Gitでコミットせずに、ファイルの改変を行なっていた場合は、次のコマンドで差分を確認してリストアしてから、手順10より再び pull してください。
    • $ git status
      You will see a list of changed files. 改変したファイルがあれば表示される。
      $ git diff
      You will see the difference of the changed files.
      To restore these contents, ...
      ファイルの差分が表示される。
      これらの内容を以前に戻すために ...

      $ git checkout .
      Include the period at the end of the above command.
      And redo from step 10.
      上のコマンドは末尾のピリオド . を含みます。
      続いて、手順10よりやり直す。
  •     In the case of "Already up-to-date", there is no update.

  •     "Already up-to-date" 表示は, すでに最新であることを示しています。

  • 11. $ logout
          The SSH session is closed.       SSH接続を終わる。
  • 12. Turn off SSH in the settings of the web app.
  • 12. WebアプリのSettingsで SSH をOFFにする。


  • ◯ If you see the following error message when using the 'git pull' command, register your username and email address with your adapter. ◯ 'git pull' コマンドを使った時に、つぎのエラーメッセージが表示された場合は、お客様のお名前(半角英字)とメールアドレスをアダプタに登録してください。
    • $ git pull
      
      *** Please tell me who you are.
      
      Run
      
        git config --global user.email "you@example.com"
        git config --global user.name "Your Name"
      
      to set your account's default identity.
      Omit --global to set the identity only in this repository.
      
      fatal: empty ident name (for <(null)>) not allowed
      
      

      It is not related to authentication. Your username/email can be different from your GitHub Account.
      You need to run the following commands for a single time.
      これらは、認証には関係しません。 username/email は、お客様の GitHub アカウントでなくても可能です。
      次のコマンドを1回実行するのみです。

      $ git config --global user.email "you@example.com"
      $ git config --global user.name "Your Name"
      You can find your username and email address with the 'git config -l' command.

      Pull again.
      アダプタに登録した内容(username, email address)は 'git config -l' コマンドで確認できます。

      登録後に再度 Pull します。

      $ git pull

API Trial FilesAPI 試行用ファイル AR-WEB-API-SAMPLE for AR-WEB-RECEIVER-SERVER v1904A (7kB) (download from GitHub.com)
AR-WEB-API-SAMPLE is a sample html page with ar.js and sound.js for AR WEB API.
You can try each API on the "AR-DV1 TAI Web Adapter API Trial Page".
For each argument, refer to the description of ar.js.
AR-WEB-API-SAMPLE は、AR WEB API用の ar.js および sound.js を使用するサンプルHTMLページです。
"AR-DV1 TAI Web Adapter API Trial Page"で、各々の API をお試しいただけます。
それぞれの引数については ar.jsの記述を参照ください。


Documentation (ENGLISH)
API for the "AR-DV1 TAI Web Adapter" hardware v1.2 ENGLISH (902kB)

Documentation (JAPANESE)技術資料 (日本語) AR-DV1 TAI Web Adapter API v1.2 JAPANESE (614kB)

Recovery image for AOR product owner only

AOR 製品ご購入者向けリカバリイメージ

Documentation (ENGLISH)
Software Media setup procedure ENGLISH (3MB)

Documentation (JAPANESE) 技術資料 (日本語) Software Media setup procedure JAPANESE (2.5MB)

Image file is coming soon. 準備中




TN01. How to try this APITN01. この APIを試すには

  1. Download the API Trial Files from GitHub. The download link "API Trial Files: AR-WEB-API-SAMPLE" is above.
  2. Unzip the zip file and get the following files.
    - sample.html: Trial page with many buttons for invoking each API.
    - ar.js: Scripts for invoking each API and writing message in the result box.
    - sound.js: Script to receive data from webSocket API and play it back using AudioContext.
  3. Please see the source of these files for details. Then try these operations and action actually.
  1. このページの上のほうにあるリンクから API 試行用ファイル: "AR-WEB-API-SAMPLE" を(GitHubから)ダウンロードします。
  2. zipファイルを展開すると次のファイルがあります。
    - sample.html: 各 API を呼び出す多数のボタンがある試行用ページ
    - ar.js: 各 API を呼び出して、結果表示欄にメッセージを書き出すスクリプト
    - sound.js: webSocket API からデータを受信して音声再生するスクリプト
  3. 詳しくは、これらのソースをご覧ください。 そして、これらの操作と動作を実際にお試しください。
[back to the index of Technical Notes]

TN02. How to use this API with a new web app on a web server outside the adapterTN02. アダプタ装置の外部のWebサーバに配置した新しいWebアプリでこのAPIを使うには

- As an example, here's how to use the same built-in sample web app in your web server outside the adapter:- 例として、内蔵のサンプルWebアプリをアダプタ装置の外部のWebサーバに配置してつかうことについて説明します。
  1. Download the AR-DV1 Client Web App Files from GitHub. The download link "AR-DV1 Client Web App Files" is above.
  2. Unzip the zip file and place those unzipped files on your web server. Initially, these files should be placed in the document root of the web server to handle login page redirection.
  3. As shown in the figure of "For web app creators" above, edit the SERVER_URL value in the javascript/init.js to the IP address and the port number of the client access port of your adapter.
  4. Open the URL of the web app in your web server thru the TCP port number of http service of your web server.
    The port number is not necessarily the same as the API port number.
    For example, if you use 'http' with its standard port number 80, the URL is 'http://192.168.1.10/receiver.html', omitting the port number.
  5. When accessing your web adapter thru its wired LAN port, it is redirected to '/login.html' for password authentication.
    If you put the login page file in a path other than the document root, It is necessary to change the path described in checkSession in javascript/share.js.
  6. After password authentication, receiver.html page described in login.js will open.
  7. Create your new app by modifying receiver.html page and adding JavaScript.
  1. このページの上のほうにあるリンクから サンプル Webアプリのファイル: "AR-DV1 Client Web App Files" を(GitHubから)ダウンロードします。
  2. zipファイルを展開したファイルを、お使いのWebサーバのドキュメントルートに配置してください。 loginページのリダイレクションは、それを前提にしています。
  3. このページの上のほうの"Webアプリ作成者のかたへ" の図を参考に, javascript/init.js ファイルの SERVER_URL 値を クライアント端末がアクセスするアダプタの IP アドレスとポート番号に変更してください。
  4. クライアント端末のブラウザを使って、お使いのWebサーバのhttpサービスのTCPポート番号で、そのWebアプリのURLを開いてください。
    そのポート番号は、APIのポート番号と異なる番号も使用できます。
    例えば、'http' の標準の80番を使う場合は、URL は 'http://192.168.1.10/receiver.html' のようになり、ポート番号は省略できます。
  5. アダプタの有線LANからアクセスする場合は、パスワード認証の際に '/login.html' にリダイレクトします。
    ドキュメント ルート以外のパスにログイン ページを配置する場合は、javascript/share.js内の、checkSession に記載のパスの変更が必要です。
  6. パスワード認証のあと、login.jsに記載の receiver.html ページが開きます。
  7. receiver.html ページの変更、および、JavaScriptを追加して、新しいアプリを作成してください。
[back to the index of Technical Notes]

TN03. How to allow SSH connection to the adapter wired LAN portTN03. アダプタの有線LANポートからの SSH 接続を可能にするには

- Be careful with network security, especially when connecting to the Internet.
- By default, the adapter's firewall allows SSH connections only on WiFi port.
- The configuration steps for the adapter's firewall to allow SSH connections on wired LAN port are as follows:
- 特にインターネットからアクセスする場合は、ネットワーク セキュリティに注意してください。
- 初期状態では、アダプタ装置のファイアウォールは、ワイヤレス ポートからのみ SSH 接続を有効にしています。
- 有線LANポートからも SSH 接続を有効にするファイアウォールの変更手順は次のとおりです。
  1. Turn on SSH on the settings page of the web app.
  2. Login with SSH on wifi port.
  3. Using vi, edit the target line of the file '/etc/iptables.ipv4' as follows.
    before:
    -A INPUT -s 192.168.0.0/24 -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 5621 -j ACCEPT
    after:
    -A INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 5621 -j ACCEPT
  4. Logout and turn off SSH on the settings page of the web app.
  5. Reboot the adapter.
  1. WebアプリのSettingsページで SSH を ONにする。
  2. ワイヤレスポートから SSH でログインする。
  3. viエディタを使って、'/etc/iptables.ipv4' ファイルを次のように編集して保存する。
    編集前:
    -A INPUT -s 192.168.0.0/24 -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 5621 -j ACCEPT
    編集後:
    -A INPUT -p tcp -m state --state NEW -m tcp --dport 5621 -j ACCEPT
  4. ログアウトして、WebアプリのSettingsページで SSH を OFFにする。
  5. アダプタ装置を再起動する。(WebアプリのRebootメニュー)
[back to the index of Technical Notes]

TN04. How to replace files in the adapterTN04. アダプタ装置内のファイルを入れ替えるには

- There are two ways to replace the files in this web adapter.
One is to use vi editor with SSH login to edit text files, the other is to use git.
There is no FTP in it.
- アダプタ装置内のファイルを入れ替える方法は2通りあります。
ひとつは、SSH 接続でログインして、vi エディタを使う方法です。 もう一つは git を使う方法です。
この装置は FTPを搭載していません。
  1. Turn on SSH on the settings page of the web app.
  2. Login with SSH
  3. Change to the target directory using cd command.
  4. Edit or paste the text into the target text files using the vi editor.
    Or pull or merge from the desired git branch using git command.
  5. For details, refer to each command reference and other documents.
    Requires the skills of web app creators and server developers.
  6. If necessary, stop and start the server process.
  7. Logout and turn off SSH on the settings page of the web app.
  1. WebアプリのSettingsページで SSHをONにする。
  2. SSH 接続でログインする。
  3. 目的のディレクトリに、cd コマンドで移動する。
  4. vi エディタを使って、目的のテキストファイルを編集、あるいは、テキストを貼り付ける。
    もしくは、目的の git ブランチから、git コマンドで、pull あるいは merge する。
  5. 詳しくは、各々のコマンド リファレンスなどの資料をご参照ください。
    Webアプリ作成者やサーバ開発者のスキルを要します。
  6. 必要な場合は、サーバ プロセスを終了/起動してください。
  7. ログアウトして、WebアプリのSettingsページで SSHをOFFにする。
[back to the index of Technical Notes]

TN05. How to initialize the adapter's unique values in the boot mediaTN05. 起動用メディア内のアダプタ装置固有設定値を初期化するには

- The software media for this web adapter automatically generates some unique values based on the adapter hardware when it is first launched on a web adapter hardware.
Includes Password of Security, SSID and Passphrase of wifi, and some default parameters.
If you want to relocate to different hardware, generate new unique values and use them, the procedure to initialize these unique values is as follows:
- このWebアダプタ装置の起動用メディアは、Webアダプタ ハードウェアで初めて起動する時に、そのハードウェアに基づく固有値を自動的に生成します。
有線LAN接続認証用のパスワード、ワイヤレス接続用の SSID と パスフレーズ、および、その他の初期パラメータを含んでいます。
もし、異なるハードウェアに起動用メディアを移設して、そのハードウェアに基づく新たな固有値を生成してお使いになる場合、その固有値の初期化手順は次のとおりです。
  1. Turn on SSH on the settings page of the web app.
  2. Login with SSH.
  3. Turn off SSH service.
    $ sudo service ssh stop
    $ sudo systemctl disable ssh
  4. Delete hostapd.conf
    $ rm ar-web-receiver-server/hostapd/hostapd.conf
  5. Delete login.json
    $ rm ar-web-receiver-server/config/login.json
  6. Delete api.json
    $ rm ar-web-receiver-server/session/api.json
  7. Set initial value of the spectrum parameters
    $ vi ar-web-receiver-server/config/receiver.json
    {"spectrumCenter":80,"spectrumSpan":10}
  8. Shutdown
    $ sudo shutdown -h now
  1. WebアプリのSettingsページで SSH を ONにする。
  2. ワイヤレスポートから SSH でログインする。
  3. SSH サービスを OFFにする。
    $ sudo service ssh stop
    $ sudo systemctl disable ssh
  4. ファイル hostapd.conf を削除。
    $ rm ar-web-receiver-server/hostapd/hostapd.conf
  5. ファイル login.json を削除。
    $ rm ar-web-receiver-server/config/login.json
  6. ファイル api.json を削除。
    $ rm ar-web-receiver-server/session/api.json
  7. スペクトラム関係のパラメータを初期値に設定。
    $ vi ar-web-receiver-server/config/receiver.json
    {"spectrumCenter":80,"spectrumSpan":10}
  8. シャットダウン
    $ sudo shutdown -h now
[back to the index of Technical Notes]

TN06. How to add new receiver command APIs.TN06. 受信機コマンドを API に新規追加するには

Overview:概要:
  • 1. Add two methods to send set and get commands to the receiver.
  • 2. Add methods for asynchronous processing to be used by the application.
  • 3. Associate URL path and method for API invoke.
  • 4. Reboot the server process.
  • 1. 受信機に set と get コマンドを送るメソッドを追加。
  • 2. アプリケーション用に非同期処理のメソッドを追加。
  • 3. APIを呼び出すURLパスと関連付ける。
  • 4. サーバ プロセスを再起動する。

Command APIsコマンド API     e.g. - Add CI command, "0" OFF / "1" ON CTCSS / "2" ON REV.T例 - CI コマンドを追加、"0" OFF / "1" ON CTCSS / "2" ON REV.T Get
[GET]/receiver/ctcss
response
-- Status code (code)
	Number
		0 normal
		-1 Authentication error
		-2 Canceled due to other APIs still running
		-3 No response from receiver
		-4 Other error
		-99 Abnormal termination
-- Tone squelch behavior (value)
	String
		"0" OFF
	    	"1" ON CTCSS
	    	"2" ON REV.T
Set
[POST]/receiver/ctcss
request
-- Tone squelch behavior (value)
	String
		"0" OFF
		"1" ON CTCSS
		"2" ON REV.T
response
-- Status code (code)
	Number
		0 normal
		-1 Authentication error
		-2 Canceled due to other APIs still running
		-3 No response from receiver
		-4 Other error
		-99 Abnormal termination

Procedure:手順:
  1. Add two methods inside class 'ARReceiverCore' in 'ar-web-receiver-server/lib/ar_receiver_core.js' to send set and get of the CI commands to the receiver.'ar-web-receiver-server/lib/ar_receiver_core.js'の中のクラス 'ARReceiverCore'CI コマンドの set と get を受信機に送る、二つのメソッドを追加。
    class ARReceiverCore {
        (... omitted lines)
        async getToneSquelch () {
            let result = await this._executeWrite('CI');
            let toneSquelch = this._getValue(result.resultBuf, 'CI', 1);
            return toneSquelch;
        }
        async setToneSquelch (value) {
            return await this._executeWrite(`CI${value}`);
        }
    }
    
    The '_getValue(result.resultBuf, command, length)' gets the return value.
    Set the String of the result to result.resultBuf.
    Set the command you executed to command.
    Set the length of the result to length. If this is omitted, length returns all strings following the command.
    The value if '_executeWrite(value)' adds an argument String.
    The '_getValue(result.resultBuf, command, length)' は返り値を取得。
    返り値の String は result.resultBuf にセット。
    実行したコマンドは command にセット。
    返り値の長さは、length にセット。省略した場合はコマンドに続くすべての文字列。
    '_executeWrite(`command${value}`)' の value は、コマンドの引数。

  2. Add two methods invoking the added methods above inside class 'ARReceiver' in 'ar-web-receiver-server/lib/ar_receiver.js'.'ar-web-receiver-server/lib/ar_receiver.js'の中のクラス 'ARReceiver' に、追加されたメソッドを呼び出す 2つのメソッドを追加。
    class ARReceiver extends ARReceiverCore {
        (... omitted lines)
        getToneSquelch() {
            const task = async () => {
                const result = await super.getToneSquelch();
                return {code: 0, value: result };
            };
            return this.execTask(task);
        }
        setToneSquelch(value) {
            const task = async () => {
                const result = await super.setToneSquelch(value);
                if ( result.resultCode != '20' ){
                    return { code: -4, message: result.message };
                }else{
                    return { code: 0 };
                }
            };
            return this.execTask(task);
        }
    }
    

  3. Associate URL path and method for API invoke in 'ar-web-receiver-server/routes/receiver_api.js'.'ar-web-receiver-server/routes/receiver_api.js'の中に、APIを呼び出すURLパスを関連付ける。
    router.get('/ctcss',  authenticator.authenticate, async (req, res, next) => {
        const result = await arReceiver.getToneSquelch();
        res.json(result);
    });
    router.post('/ctcss',  authenticator.authenticate, async (req, res, next) => {
        const result = await arReceiver.setToneSquelch(req.body.value);
        res.json(result);
    });
    
    APIs of the path under 'api/receiver' are described in 'receiver_api.js'. API のパスが、'api/receiver' 以下の場合は、'receiver_api.js'の中に記述する。
  4. Reboot the server process.サーバ プロセスを再起動。 $ forever stop ar-web-receiver
    $ forever start forever/server.json
    ◯ If you want to run it temporarily to check the operation, use the following method instead of the above.◯ 動作確認のため、一時的に起動する場合は上の手順の代わりに次の方法を使う。
    $ node ar-web-receiver-server.js
    And stop with ctrl-c.停止するには ctrl-c 。
[back to the index of Technical Notes]